○ミッドナイト・プレスの好評既刊書

*2015年12月以降の刊行書は右の「ミッドナイト・プレスの本」をごらんください。

井上輝夫氏の新詩集『青い水の哀歌』

(詳細は、画像をクリックください)
(詳細は、画像をクリックください)

A5変型・上製・函入り

本体2500円+税

装画・渡辺隆次 装丁・大橋泉之

2015618日発行

 

2005年に刊行された『冬 ふみわけて』に続いて生まれた『青い水の哀歌』は、日本の詩歌の再検証、そして言葉の本質についての深い考察から生まれた意欲的な詩集です。詩の可能性に向けていま一度踏み出す、繊細にして大胆な詩句は、読む者を大いなる旅へといざなうでしょう。詩の現在を考える、注目の詩集です。

久保隆氏による八木幹夫さんの『渡し場にしゃがむ女』の書評が「図書新聞」3189号(2015.1.10付)に掲載されました。

詳細は写真をクリックしてください

八木幹夫『渡し場にしゃがむ女』

本体2500円+税 装丁・大原信泉

詳細は写真をクリックしてください

石原明『パンゲア』

本体1500円+税 装丁・大原信泉

詳細は写真をクリックしてください

芹澤春江『呼吸ととのへり』

本体2300円+税 装丁・大原信泉