兼子利光「隅田川メモ」

手前は吾妻橋、下流に見えるのが駒形橋。万葉時代は、左岸には砂州が拡がり、東京湾の波も打ち寄せていたのだろうか。(写真提供・兼子利光)

 はじめに

 

 隅田川については、文学作品のみならず、映画・テレビなど様々な媒体で取り上げられていて、その文献・資料のなかには「枚挙にいとまがない」と断っているものが少なからずあって、それこそ隅田川についての言説は枚挙にいとまがないと言っていい。したがって、ここでは個人的なメモ書きを超えるものはほとんどないかもしれないし、参照している文献・資料も少なく、個人的な偏りもあるにちがいない。それでも田山花袋が言うように「ロンドンにおけるテムズ川、パリにおけるセーヌ川」に比すべき、東京における隅田川の人々をとらえる、不可思議な魅力について記してみたいと思う。(兼子)